キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者徹底比較

監理技術者とは

監理技術者徹底比較

おすすめ記事

監理技術者とは

監理技術者は建設現場において、技術水準保持、工事に関わる人の管理指導をする人です。

監理技術者の申請手続

監理技術者の申請手続は新規申請、追加申請、更新申請、変更届出、再交付申請があります。

監理技術者とは

監理技術者とは監理技術者資格者証と監理技術者講習修了証を所持している技術者のことです。

それぞれの工事現場に必要とされ配置される技術者のことも含まれます。

下請契約の請負代金総額が土木一式工事3,000万円以上、建築一式工事4,500万円以上の当該工事に元請負の特定建設業者が工事現場に専任で配置しなくてはならない技術者のことを言います。

どんな工事現場にも必要という訳ではありませんが、大きな工事現場の場合、この様な監理技術者の様な専門の資格者を配置して、建設現場の技術レベルを保ち、安全な工程を踏むことが約束されているのです。

監理技術者の仕事は、まずは施工計画作成をします。

そしてこの施工計画通りに工程が進んでいるかの管理、そしてその過程において、品質管理をすること、そして技術上の管理をすること、工事の施工全般に従事する人を指導して監督する役割があります。

監理技術者は、技術レベルの管理をするにあたって、工事の施工全般に従事する人を適切に指導していかなくてはならないので、主任技術者に比べると、難しい仕事であり、資格や経験も厳しくなっています。

監理技術者資格者証の保有者数は昭和63年度には46000人弱でありましたが、平成25年度になり、667000人弱まで増えています。

▼おすすめ情報:http://www.schonherwehrs.com/


>> 監理技術者徹底比較TOPへ

Copyright (C) vietnamtonight.com. All Rights Reserved.

監理技術者徹底比較