キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者の申請手続 : 監理技術者徹底比較

監理技術者の申請手続

監理技術者徹底比較

おすすめ記事

監理技術者とは

監理技術者は建設現場において、技術水準保持、工事に関わる人の管理指導をする人です。

監理技術者の申請手続

監理技術者の申請手続は新規申請、追加申請、更新申請、変更届出、再交付申請があります。

監理技術者の申請手続

監理技術者になるための資格取得の申請手続はどのようにするのでしょうか?まずは、申請区分の確認をします。

監理技術者資格者証が既にある場合は、まず有効期限の確認をします。

有効期限が6ヶ月を切っている場合は更新申請をしましょう。

監理技術者資格者証の記載内容に変更がある場合は変更届けを出し、新たな資格追加をする場合は追加申請をします。

申請には変更手続以外は7600円がかかります。

新規申請(一級国家資格等/実務経験)、追加申請(一級国家資格等/実務経験)、更新申請、変更届出、再交付申請、再交付(変更届出)申請があります。

一般財団法人建設業技術者センターにて申請を受け付け、不備がないかの確認をした後、申請が受理されます。

一般財団法人建設業技術者センターから監理技術者資格者証が簡易書留郵便で送られてきて申請手続は終了となります。


>> 監理技術者徹底比較TOPへ

Copyright (C) vietnamtonight.com. All Rights Reserved.

監理技術者徹底比較